ホーム > 技術紹介 > 素材を選ばない表面加工

素材を選ばない表面加工

金属素材の中で最も軽いマグネシウム等に対応。製品の軽量化を実現できる表面処理技術。

将来有望視される新素材・マグネシウム等の
可能性を広げる表面加工技術を開発

実用金属中最軽量のMg(マグネシウム)の問題点をクリアした表面加工技術。携帯電話・タブレットをはじめとした通信機器、軽量化によるストレスフリーを必要とする医療器具(補聴器ほか)等への採用で注目される新素材マグネシウムに対応した新技術です。表面色も白色だけでなく黒色も実現。さらに色を増やす研究開発をおこなっております。また、軽量・高強度、耐腐食性の新素材CFRP(炭素繊維強化プラスティック)の表面加工もおこなっております。

  • 陽極酸化/白色
    陽極酸化/白色
  • 陽極酸化/黒色
    陽極酸化/黒色
  • 無電解(PTFE/グレー)
    無電解(PTFE/グレー)

可能性の高いマグネシウム製品普及を技術で支援。

実用金属中、最軽量のMg(マグネシウム)は、原料の枯渇が心配される中、海底などに存在するため、今後さまざまな用途で期待される新素材です。また、人体への影響が少ないため、ストレスフリーの素材としてさまざまな製品に展開できます。表面が腐食しやすいことが唯一の問題でしたが、当社では、陽極酸化法をはじめとしたさまざまなアプローチで表面加工を施す技術を開発しています。色も白色だけでなく、黒色、グレー色(テフロン)を実現。増色をはじめ、より一層の新素材の普及を目指します。

CFRPへのめっきをはじめ、その他素材の表面加工処理に対応します。

軽量、高強度、腐食しない特性を持つCFRP(炭素繊維強化プラスティック)も脚光を浴びている素材。当社では、エポキシ樹脂もしくはポリエステル樹脂を使用した帯電防止を実現させる導電化(めっき処理)により、新たに絶縁性を持たせることができ、製品開発の可能性を広げます(主に、無電解Niめっき加工をおこないます)。

ご要望に応じたご相談お待ちしております。当社はめっき表面加工では一歩先を歩いていると自負しております。

このページのトップへ

お問い合わせサイトマップ